06-6770-5662

ブログ

2018/06/15(金)

拮抗筋の緊張除去

カテゴリー:未分類, 筋筋膜

 

From:北村 隼人

整体院のデスクから・・・

 

あなたは「拮抗筋」という言葉はお聞きになったことは

ありますでしょうか?

 

「拮抗筋」とは名前の通り「主働筋」の反対の作用をする筋肉で、

筋肉が円滑な動きをしていく上で重要な役割を果たしている部分になります。

 

例えば上腕二頭筋と言われる力こぶの筋肉が主働筋なのであれば、

拮抗筋はその裏面にある上腕三頭筋になります。

 

このように反対の作用をする筋肉が拮抗筋になるのですが、

この拮抗筋が硬いとどうなるのか?

 

主働筋の動きの際に拮抗筋が硬いと関節が引っ張られ主働筋に負担がかかり

これを繰り返していくうちに主働筋に無理がかかり痛めてしまう原因になってしまいます。

 

それを放っておくといくら痛い部分を処置しても

なかなか痛みの変わらない状態が続き慢性化してしまうケースがあります。

 

ですので、もし痛いところがあるようでしたら

患部の処置にプラスしてそれと反対の作用をする

筋筋膜にもしっかりとアプローチをして早期回復を目指してください。

 

首・腰・腕・足どこの部位でも同じです。

 

痛いところ以外にも

着目して見てくださいね!

 

腰痛でお困りでしたら今すぐお電話ください!

 

〒542−0012

大阪市中央区谷町8−2−6−202

TEL:06−6770−5662

大阪市中央区の慢性腰痛専門整体院 蕾

 

 

 

8月12日(水)まで
1名様限定

診察予約は今すぐお電話で

06-6770-5662

【受付時間】【月~金】18時〜23時 / 【土・日・祝】14時〜21時(当日の予約の受付は21時まで対応)(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は【月~金】18時〜23時 / 【土・日・祝】14時〜21時(当日の予約の受付は21時まで対応)までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。